1年間の私の受験物語


 私は中学3年生になっても,受験というものを大きなものとしてとらえていませんでした。春になり,塾へ通うこと,過去問を解くこと,模擬テストを受けに行くことなど,受験に向けた準備が始まっていきましたが,今までの生活と全く違い,体がついていけなくなることもありました。

 受験に向けていちばん大切だったと思うのは,今の自分の実力を知ることでした。私は,塾の先生からすすめられて11月の模擬テストを受けました。返却された模擬テストの成績は自分が想像していたものとは全く違い,現実を突きつけられたような気持ちになりました。

 ですが,この経験を経て,自分はもっと頑張らないといけないということに気付くことができました。時間配分やテストの雰囲気を自分自身で何度も味わって慣れていくことが大切だと思いました。

 それから,塾で開かれていた過去問を解く会に参加したり,自分の家でもう一度時間を計って過去問を解いたりするなど,テスト慣れをするようにしました。すると,今までテストに慣れず,緊張しがちだった私でも,落ち着いて問題に取り組むことができるようになりました。このとき,何度も経験しておくことの大切さを知ることができました。

 入試当日は,いつも通りにすれば良い,と自分に言い聞かせ,深呼吸をしました。そして,塾で開かれていた過去問を解く会のときと同じような良い緊張感のなか,問題を1つひとつ集中して解いた結果,今まで過去問を解いたときの点数より10点以上高い点数を取ることができ,第一志望の高校に合格することができました。

 私は,中学3年生の春から受験に向けた準備をスタートしたので,まわりの人と比べて,始めるのが遅かったと思っていました。しかし,今回の入試の結果を受けて,中学3年生からスタートしても遅くない,自分の努力次第だとわかりました。今,自分にできることは何か,何をすれば良いのかと考えるだけではなく,何か一歩踏み出してみることで,自分の願いを叶えることができるのだと思いました。

 私の受験は,決して良いことばかりではありませんでした。まわりのライバルたちの成績が次々と伸びているなかで自分の成績だけが伸び悩んでいることや,毎日の勉強をどれだけ頑張ってもなかなかテストの点数に結びつかないことは,自分だけの悩みだと思い込んでいました。しかし,これは誰もが経験していることだ,と今では思います。なんで自分だけ,と思うのではなく,この苦しいところを乗り越えれば必ず結果につながると信じることが何より大切だと思います。

 私の受験物語は1年間という短いものでしたが,今までの人生でいちばん濃い時間だったと思います。この経験を生かして,高校生活を頑張っていきたいです。受験生のみなさんも頑張ってください。応援しています。

K高校 1年 C.Kセンパイ

閲覧数:11回

最新記事