top of page

慣れが大切

 

 私が受験で大切だと思うのは,緊張しすぎないことです。これまでに模擬テストや実力テストなどを受けた経験から,緊張しすぎると力が出せないことがわかったからです。


 しかし,いくら緊張しないことが大切だと思っていても,いざ本番となると,場の雰囲気にのまれて,頭が真っ白になってしまうかもしれません。


 五ツ木の模擬テストでは,自分の実力がどの程度か確かめることも大切ですが,会場の雰囲気などに慣れることにも大きな意義があると思います。第7回の志望する私立高校で受けられる回や,第8回の大阪府の公立高校の入試の時間割で模擬テストを受けられる回などを通じて,私は会場の雰囲気に慣れることができました。今年受験するみなさんも,ぜひ五ツ木の模擬テストを通じて会場の雰囲気に慣れてほしいと思います。


 次に,受験勉強で何をしたら良いかですが,冬休みまでには,中学1,2年の復習をして基礎を固め,冬休みに入ってからは,過去問などの問題演習を中心にするのが良いと思います。私が大切だと思うのは,ひたすら書いて覚えるなど,いわゆるインプットだけをするのではなく,問題を解くなどのアウトプットをすることです。例えば,私が英単語,漢字,社会や理科の用語などを覚えるときは,単語帳などを読んで書いて覚えるというのを繰り返すのではなく,1回読んでからテストをして覚えているかを確かめるというのを繰り返すほうがとても覚えが早かったです。


 基礎固めが終わったら,ひたすら過去問を解くのがおすすめです。過去5年分の過去問を3~5回解き終えるころには,とても力がついていると思います。過去問を解き終わったら,入試予想問題集などをぜひ活用してください。覚えるだけでなく,問題を解くことも大切にしてほしいです。


 最後に,中学3年生は,進路決定や受験勉強など,とても忙しく大変な1年だと思います。けれど,中学校最後の年だから,1日1日を大切に過ごしてほしいです。私は中学校を卒業して,もっと友達や班の人と喋っておけば良かった,もっと1日1日を噛み締めておけば良かった,と後悔することがあります。受験勉強は大切ですが,それと同じぐらい,普段の学校生活も大切にしてほしいです。そのために,メリハリをつけられるようにしてほしいです。みなさんが希望する進路に進めることを願っています。


O高校 S.Yセンパイ

閲覧数:19回

最新記事

bottom of page