top of page

同じ状況下のなかですべきこと


 私は,みなさんの一足先に受験というものを経験した者として,中学三年生のみなさんに心構えや受験対策法をお伝えしたいと思います。


 まず,五ツ木の模擬テストはただの試験ではありません。自分の学力を測るだけでなく,高校入試本番に向けたシミュレーションとしての意味も持っています。ですから,模擬テストの結果に一喜一憂するのではなく,自分の弱点を見つけ出し,それを克服するための手段として捉えることが大切です。


 次に,受験対策法ですが,いちばんのポイントは「基礎固め」だと思います。高校入試は,中学校で学んだ知識がしっかりと身についているかを問うものです。特に国語や数学では,基本的な文法や公式を正確に理解していることが求められます。五ツ木の模擬テストの結果を見て苦手な分野が明確になったら,まずはその基礎から再学習することが成績を伸ばすことへの第一歩だと思います。

 

 効率的な勉強法としては,過去問を解くことも有効です。試験の傾向をつかむために,過去に受けた五ツ木の模擬テストの問題を解き直してみると良いと思います。ただし,単に問題を解くだけではなく,なぜその答えになるのかを理解し,間違えた問題は徹底的に復習することが重要です。また,五ツ木の模擬テストは時間配分の練習ができる貴重な機会です。五ツ木の模擬テストを含め,実際の入試では限られた時間のなかで問題を解かなければなりません。そのため,平均的な時間配分を意識しながら,問題に取り組むことがポイントです。


 そして,受験当日の心構えとしては,「自分を信じること」が何よりも大切です。模擬テストの結果が思うようにならなかったとしても,それは一時的なものだと思います。重要なのは,その結果から何を学び,どう改善していくかです。試験の前日には,しっかりと休息を取り,リラックスすることも忘れないでくださいね。


 最後に,高校入試は人生の一つの通過点に過ぎません。もちろん,全力で挑むべきですが,一つの試験の結果がすべてではありません。高校生活,さらにその先の未来に向けて,学び続ける姿勢が何よりも大切です。五ツ木の模擬テストを受験することで,みなさんが自分自身の強みと弱みを理解し,さらに成長できるきっかけになれば良いなと思います。不安に感じたり,緊張したりするかもしれませんが,それはまわりの人たちも同じです。その状況に落ち着いて対処した者が勝利するのです。受験を経験したあとのみなさんは,きっと一回りも二回りも成長しているはずです。頑張ってください!


S高校 S.K.センパイ


閲覧数:49回

最新記事

Comments


bottom of page